夫婦でボードゲームのすゝめ

愛知県一宮市在住の夫(25歳)妻(25歳)で運営するブログ。ボードゲームで夫婦・家族生活が賑やかになりますように。

【ボードゲーム紹介(2)】レジスタンス・アヴァロン

今回ご紹介するアナログゲームは、「レジスタンス・アヴァロン」です!

 

いわゆる正体隠匿系ゲームで、簡単に言うと、

 脱落が無い、司会進行役が必要ない、人狼ゲームです。

 人狼ゲームの上位互換なんて言われています。

 

また、プレイ人数も5人~10人となっており、

 少人数でも濃厚な心理戦・論理戦を味わうことができるようになっています。

 

※5人でも十分楽しいですが、欲を言えば最低6人は欲しいかな、と思います!
ただし、5人でも十分にプレイは可能です。 
逆に、10人もいると複雑すぎて、私は論理に思考が追いつかないです(^^;
理想の人数は、6人~8人くらいと感じています。

 

こちらで詳しく紹介されています

sgrk.blog53.fc2.com

(画像もお借りしました)

 

f:id:ninity:20170625004501j:plain

 

 

ゲーム開始時に正義陣営と悪陣営に分かれますが、

 ゲームの肝を握るのは「マーリン」という役職(正義陣営)の存在です。

 

人狼で言うと「占い師」に近い存在ですが、

 「マーリン」だけは、なんと悪陣営が誰であるかを知った状態でゲームを開始します。

 (「マーリン」が誰なのかは、味方も敵も含めて本人以外誰も知りません。)

 

しかし、ゲーム終了時に「マーリン」が誰だったかを悪陣営に見破られてしまうと、

問答無用で悪陣営の勝利となってしまいます。

 

「マーリン」は、悪陣営に見破られないように、

正義陣営の人達を誘導する必要があるわけです。

これ、かなり難しいです(^^;

 

つまりは、

悪陣営はもちろんそうですが、

正義陣営も答えを知っている「マーリン」は誰なのかをかなり意識して推理していく必要があります。

 

しかし、それを露骨に表に出すと、

悪陣営からすると、「マーリンを探している人はマーリンでは無い」ということになり、

消去法的にマーリンを見破られてしまいます。

 

「マーリン」では無い正義陣営も、

「マーリン」感を装うことが大切になるわけですね。

 

悪陣営を欺こうとした「マーリン」の演技に正義陣営が騙され、

そのまま「マーリン」がミスリードを修正できずに正義陣営が負けてしまうこともあります。笑

 

逆に、悪陣営同士の思惑が一致せず、

自滅して正義陣営が勝つこともあります。笑

 

正体隠匿系ゲームをやってみたい方、人狼に飽きた方、

濃厚で緻密な心理戦・論理戦を味わいたい方にはとてもおススメの作品です!

 

レジスタンス・アヴァロンは、妻が好きなゲームの1つです。

妻曰く、アヴァロンは強制的に意思表示を求められる機会が人狼より多く、

初心者であまり喋れない人でも、ゲームに参加してる感が強いとのこと。

 

なるほど確かに。

 

ちなみに、レジスタンスという作品もあり、

こちらはアヴァロンの1つ前の作品です。